水素水

水素水の特徴と保存

水素水は、水素が小さな泡のまま、水に混ざっている状態のものです。

その水素はとても小さいので、ペットボトルなどはたとえしっかりキャップをしても、すり抜けてしまいます。

市販されている水素水の容器がアルミ容器に入っているのには、こうした理由があるのです。

しかし、アルミ容器でも、中に空気が入っていると水素は逃げてしまいます。
しっかりキャップをしたアルミ缶でも、飲みかけの場合は、逃げていってしまいます。
密閉性の高いアルミパウチの場合、何度かに分けて使用できますが、蓋のあるなしにかかわらず、できるだけ早めに使うことがポイントです。

また、水素水を温めようとして沸騰させるのもNG。
水素が一気に抜けてしまいます。

水素の抜けた水は、ただのお水なので、気をつけましょう。

Copyright © 2017 美容・サプリ完全ガイド All Rights Reserved.

PAGETOP